home
あなたの金利高くありませんか?-債務整理・過払い請求-
借金に困ったら、ひとりで悩まずに無料相談しましょう。
借金に困ったら、司法書士・弁護士に無料相談をすることをまず考えましょう。
最近の司法書士事務所・弁護士事務所では無料相談を行っているところがほとんどです。
一人で悩んでいて何か解決しますか?
どんどん悪化して、催促状が来たり…、電気が止まったり…、電話が止まったり…
家族や友人に相談しにくい人が多いと思います。
まずは、専門家に相談(無料)をしましょう!

借金の整理(債務整理)をはじめるにあたって

「債務整理ってなんだろう?」と思う方もいるかと思います。
借金の整理を「債務整理」といいます。

借金をした(お金を借りた)のだから返すのが当たり前。それはそうですよね?間違ってません。
借りたのに返さなければ(返せなければ)、催促が来るのも当然のことです。
けれど、いくら返しても返しても借金が減らないという方がいます。
違法な金利でお金を貸す消費者金融も存在します。
月々返しても完済は難しいのです。

29.2%金利計算

最大金利29.2%で借りてしまった場合、一括返済しないと完済は難しいです。
お金がないから借りる。月々20万くらいのお給料の中から返すのは3万円くらいが限度だと思いますし…
そんな、違法な金利を課せられた借金を整理するのは悪いことではありません。

再起するには必要なことなのです。

利息について

『利息制限法』という法律があります。
クレジット会社や消費者金融などの貸金業者がお金を貸した場合の金利について定められている法律です。

利息制限法

そして、貸金業者が利息制限法(上図)で定められた金利を超えてとった場合は、定められた金利を超えた部分については無効になるということが定められています。

しかし、利息制限法をきちんと守っている貸金業者は少ないのが現状です。多くの業者が利息制限法で定められた金利を超えてとっています。

お金を借りて返せなくて、他のところからまた借りて・・・と繰り返す多重債務に苦しむ人が増えています。そういう方は、債務整理に踏み切ることが多く、貸金業者から利息制限法を超えた金利でお金を借りていることが多いので、過払い請求をしてお金が返還されるのです。

すでにお金を借りてしまっていたら仕方がないですが、今後、お金を借りる時は、『金利』をしっかり確認して借り入れしましょう。

任意整理について
 
特定調停について
 
民事再生について
 
過払い金について 自己破産について 債務整理を行う時の注意点
 
2009© lifestyle .All Rights Reserved
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。