home
あなたの金利高くありませんか?-債務整理・過払い請求-

特定調停について

特定調停とは、簡易裁判所を利用して借金を減額する方法です。もちろん借り入れ時期、支払った年数、金利、返済方法によって減額される金額は変わってきます。調停委員が債権者と債務者(弁護士・司法書士に依頼した場合、債務者の代理人となります。)の話し合いの間にはいって和解が成立するように取り持ってくれて、借金を減額し無利息での返済を求めていくことになります。原則として調停後無利息で、3〜5年で返済していきます。

特定調停の特徴としては、債務整理の中では裁判所に支払う費用も弁護士・司法書士に支払う費用も最も安いことです。

特定調停のメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 裁判所の費用が安くつく。裁判所によって多少の金額の差はありますが、債権者1社当たり1,000円もあれば足ります。
  • 整理後、無利息で返済出来ます。
  • 利息制限法で引き直し計算をし、元本を減額することが出来ます。
  • 簡易裁判所に何度も足を運ぶことになります。
  • 3〜5年で完済しなければならないというルールがあるため多重債務者は利用できません。
  • 信用情報機関にブラックリスト(事故情報)として登録されてしまいます。
  • 和解が成立しないこともあります。

特定調停をするにあたっての条件

・今のままでは、完済することが不可能になる恐れがあること。

・任意整理後、3〜5年の間に全額が返済できること。

・安定した収入があること。(フリーターでも大丈夫です。)

弁護士・司法書士に依頼するメリット

・弁護士・司法書士が債権者と和解交渉や書類の作成、手続きをしてくれます。

・債務総額を確定させる為に調停の手続きが完了するまでは返済する必要がありません。

・弁護士・司法書士に依頼した場合、貸金業者からの取立てや催促が止まります。




 
2009© lifestyle .All Rights Reserved
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。