home
あなたの金利高くありませんか?-債務整理・過払い請求-

過払い金について

過払い金請求を知らない人はまだまだいるようですね。
最近になってよく聞く言葉です。

では、過払い金請求とは何をすることなのかというと、お金を借りた時に不当に支払ってしまった利息分を返してもらうことです。

昨今、クレジットカードなどを持っている人は本当に多いと思います。
「(クレジット)カード持ってないんだ。」なんて言うと、「え〜持ってないの?」的な反応が返ってくるくらい普及しています。
そのクレジットカードの金利はいくらでしょうか?
きちんと利息制限法を守った金利ですか?
クレジットカードを作るにしても、ローン会社からお金を借りるにしても金利はきちんと確認して借りて下さい。

そして、その金利が利息制限法を超えていた場合、利息制限法を超えた部分の利息は法律で無効とされていますので引き直し計算をしてお金を返してもらう、または残額を減らすことが出来ます。

しかし、どうして利息制限法があるのにその利息制限法を超えた金利の設定がされてしまっているのかというと、貸金業には「出資法」と「利息制限法」の二つが設けられています。利息制限法を超えた金利にしてはならない決まりなのですが、法律では罰則がありませんので罰則がある出資法にともなった金利(29.2%)になってしまっていることが多いのです。

違法に取られてしまった利息は返してもらいましょう。

出資法と利息制限法

過払い金請求をする上で知っておかないといけないのが、この「出資法」と「利息制限法」です。

  出資法 利息制限法
10万円未満 29.2%(うるう年は29.28%とし、1日あたり0.08%) 20%
10万円〜100万円未満 18%
100万円以上 15%
罰則

このように「出資法」と「利息制限法」の金利にはかなりの差(グレーゾン金利)があり、特に100万円以上の借り入れ金がある場合はかなり金額が変わって来ます。

グレーゾーン金利

過払い金のメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 過払い金が返ってくる。
  • 家族や周囲にばれない。
  • 信用情報機関にブラックリスト(事故情報)として登録されてしまいます。
  • 5〜7年間新たなローンやクレジットが組めなくなる。

過払い金をするにあたっての条件

・使用しているクレジットが利息制限法の金利を越えていること。

・初めて過払い請求をすること。

・3年以上の返済履歴があること。

弁護士・司法書士に依頼するメリット

・裁判前の交渉段階で貸金事業者との和解が成立しやすい。

・債務総額を確定させる為に調停の手続きが完了するまでは返済する必要がありません。

・弁護士・司法書士に依頼した場合、貸金業者からの取立てや催促が止まります。




 
2009© lifestyle .All Rights Reserved
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。